大注目のヤリス(YARIS)
プロトタイプ展示会を、
ネッツ岐阜のスタッフがレポート!!

皆さんこんにちは!
今回は、ミッドランドスクエア、トヨタ自動車ショールームで
2019年11月15日(金)~11月17日(日)の3日間で開催された、「ヤリスプロトタイプ展示会」に行ってきました!
私たちは11月15日(金)に行きましたが、平日にも関わらず大変な賑わいを見せていました。
女性に人気のコンパクトカーですが、学生さんから親子連れの方、ご年配の方まで様々な年代のお客さまが
ヤリスの前で足を止め、写真を撮ったりパンフレットを持ち帰ったりと、とても興味を持たれているようでした。
今まで馴染みのあるヴィッツ(Vitz)が、WRCでも活躍中のヤリスにフルモデルチェンジして生まれ変わるということに、
みなさんの注目も高まっているようですね!
また、全国的にも実車が目の前で見られる機会はまだ少ないため、貴重な展示会となりました。
それでは!展示会の様子もふまえネッツ岐阜スタッフ目線で、推しポイントを語っていきます!

ボディの形状をより際立たせるカラー ガソリン1.5 Z
(ブラック×アバンギャルドブロンズメタリック)
カッコいいだけじゃない乗り手を魅せる
ハイブリッド1.5 G
(ブラック×コーラルクリスタルシャイン)

展示車のカラーリング

今回展示された車両のスペックは、ハイブリッド1.5 G(ブラック×コーラルクリスタルシャイン)と、
ガソリン1.5 Z(ブラック×アバンギャルドブロンズメタリック)の2台です。
公式でもヤリスのイメージカラーであるコーラルクリスタルシャインは、これまでにない新色になります。
乗り手の雰囲気によってかっこよくもかわいい表情も魅せるカラーですね!
対してアバンギャルドブロンズメタリックは、スタンダード色に比べボディの形状がより際立つような輝きのある上品なカラーで、オシャレな雰囲気を感じられるため、男性にも人気のカラーとなりそうです。
全体的にデザイン性を見ると現行ヴィッツよりも、更にスポーティかつエレガントに乗れるカラーリングと外装に一新されたようです。
残念ながら展示会では見られませんでしたが、変わり種カラーとしてアイスピンクメタリックといったカラーもヤリスでは登場しています。落ち着いたピンク色にメタリックカラーが合わさり、高級感のある印象です。人とは違うカラーを求めている方におすすめです。

全体のディティール

ヘッドランプは鋭い印象を与えるキーンルックが採用され、よりスタイリッシュに仕上がっています。
リア周りは、リアウィンドウとリアコンビネーションランプが一体型となっており、
エッジを持ちつつも違和感のないまとまった印象を与えてくれます。
サイドのキャラクターラインはリアコンビネーションランプと繋がるような窪みになっており、
リアの形状がより引き立つイメージです。
バックウインドウは斜めに落ちる形をしており、より低重心にスポーティーなデザインとなっています。
後ろから見ても一目でヤリスとわかるので、他社のコンパクトカーに埋もれないデザインなのが良いですね。
ホイールは4種類用意されており、現段階では16インチが最大サイズ。
その他の細部も拘りを感じられるデザインとなっています。

グリルまわりもカラー1つで雰囲気がかなり変わります。ハイブリッド車はトヨタマークが青いです。
ヘッドランプ上部とバンパーラインには遊び心を感じさせるキューブパターンが施されています。
スタンダードな 14インチ/シルバーME アルミホイール
エッジがシャープな印象を与える 16インチ/
切削光輝+ブラック アルミホイール

動画でチェック!
写真では伝わらないヤリスの迫力!!

双眼デジタルTFTメーター

内装は可能な限りいらないものを削ぎ落としたインテリアで、スッキリさせつつも収納スペースを確保することで使い勝手の良い室内となっています。
また、トヨタ車初の「双眼デジタルメーター」はセンターのTFTディスプレイよりもメーターの文字を大きくするなどして、シフトレバーの選択ミスなどの不注意を減らしたり、走行中も安心して運転ができる工夫が施されています。

双眼デジタルTFTメーター

災害時にも安心な
AC100Vアクセサリーコンセント

ハイブリッドモデルにはAV100Vアクセサリーをオプションで付けられます。
家庭用と同じコンセントなので、さまざまな電化製品が車内で使用可能!1500W以内であれば複数電化製品を使用ができます。
発電機や電源としても使うことができ、ガソリン満タン時では約4日間持つとのことです。
普段使いから、アウトドア、災害時まで活躍してくれそうですね。いざという時の備えになるため安心感が違います。

AC100Vアクセサリーコンセント
ながらスマホ対策にも繋がる
全車標準装備のディスプレイオーディオ
誰でも乗りやすい ターンチルトシート

スマホと連携する
ディスプレイオーディオ

ディスプレイオーディオは、お手持ちのスマートフォンとUSB端子とで繋ぐだけで地図や音楽アプリなどの、
使い慣れたアプリをスマホと同じ感覚で使用することができます。
2019年12月1日から罰則強化されたながら運転が問題視されていますが、
音声認識アプリを使用すればハンズフリーで安全にドライブが楽しめる仕様となっています。
また、ディスプレイの位置にも工夫があり運転中の目線に合わせ上方に設置されています。
このディスプレイオーディオは、ヤリス全車に標準装備されます。
最新の機能で楽しく快適なドライブを体感してみてください!

運転席が車内から出っ張る!?

今回、新しく採用された機能の一つにターンチルトシートが加わりました。
トヨタの福祉車をヒントに、元は足腰・筋力の弱い方に向けたシートを
体系や服装に関わらずどんな方も乗り降りを快適にしてくれるのが嬉しいポイントです。
足腰の不自由な人以外もありがたい機能となっています。
このターンチルトシートは運転席だけでなく、助手席にも対応していますので、
足腰の弱いご家族の方がいる方は、ぜひ装備してほしい機能ですね。
従来の福祉用シートとは違い、レバー1つで操作できるシンプルな構造でスタイリッシュに乗り降りできるようです。

いかがでしたでしょうか?私たちも、店舗に実車が届くのが待ち遠しく感じています!
展示会レポートを通して、みなさまに少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです♪
ヤリスの魅力はこの1ページでは書ききれないほどありますが、実際にネッツ岐阜に足を運んでいただければ、
みなさまの疑問にスタッフが丁寧にお答えさせていただきます!!
少しでも気になった方は、ぜひ試乗会にもお越しくださいませ!
ヴィッツに乗っている方も乗った事のない方も、新型ヤリスの走りを、躍動感を体感してみてください!!