ヤリスカップ2021西日本シリーズ第4戦レースレポート|ネッツトヨタ岐阜

  • カタログ請求
  • 店舗を探す
  • お問い合わせ
  • 入庫予約
  • 電話をかける

ヤリスカップ

2021年12月03日

ヤリスカップ2021西日本シリーズ第4戦レースレポート

ネッツトヨタ岐阜のヤリスカップがついに始動!子供達の思いを乗せて#228大場選手が鈴鹿サーキットを躍動‼

皆さんこんにちは

本日は、先日行われましたヤリスカップ2021西日本シリーズ第4戦のレースレポートをさせていただきます

2021年11月18日(日)、日ごとに寒気が加わる時期「TOYOTA GAZOO Racing Yaris Cup 2021 西日本シリーズ第4戦」が鈴鹿サーキットにて開催されました。昨年で幕を閉じたヴィッツレースに代わり、今期より新たなワンメークレースとしてスタートしたヤリスカップ。この日は西日本シリーズ最終戦でしたが、満を持して当社のヤリスカップがスタートしました

また、ネッツ岐阜では今シーズンからのヤリスカップ参加にあたって『子供たちのクルマに対する関心を育むイベント』としてヤリスカップカー児童画コンクールを行いました

応募いただいた作品と子供たちの思いを乗せて走ります

記念すべき初戦のドライバーは大場エンジニアです

ヴィッツに続きヤリスでもハンドルを握ります

また、ピットクルーとして入社3年目の佐藤エンジニア、池戸エンジニア、稲垣エンジニアが参加してくれました


11月27日(土)

前日練習&メンテナンス風景


11月28日(日)

午前~予選~

今回のエントリー台数は48台

午前中の予選は2組に分かれタイムで決勝のグリッドが決まります

#228大場選手はAグループで出走です

まだ乗りなれていないヤリスを見事に乗りこなした#228大場選手

Aグループ12位となり、決勝は48台フルグリッドで23番グリッドからのスタートです


午後~決勝~

選手紹介も終わり、いよいよ決勝レースがスタートですmail

緊張がはしる中、フォーメーションラップが行われ、シグナルのブラックアウトと共に8周のレースがスタートしていきました

勢いよくスタートした#228大場選手

いきなり2台をかわし、21位になりました

その後も、子供達の思いを乗せて素晴らしい走りを見せる#228大場選手

どんどん順位を上げていきます

決勝を23番手でスタートした#228大場選手

最終結果48台中17位でフィニッシュしました


ピットクルーとして参加してくれた3名のエンジニアも、期間を通して手際のよい動きを見せてくれました

次回は12月18日(土)に開催される、GOOD YEAR Yaris&86/BRZ Dream Cup 2021に出場予定です

応援よろしくお願いいたします

閉じる